#ブログ

【note】2019年の収益報告!2019年にnoteを開始!

こんにちは。ライター「みさ」です。

みなさん、【note】は書いてますか。

おそらくブロガーやライターで個人をブランディングをすると考えているのであれば、一度はnoteを書こうと思ったことがあるのではないでしょうか。

そこで、私は2019年のうちに、実際にnoteを書いて公開してみました。

なので、今回この記事では、その結果である収益報告をします。

それでは、まず今回の要約(目次)です。

要約:note収益報告(2019年)

  • noteを始めた理由,有料noteをどう考える?!
  • note収益報告(2019年)
  • noteを2020年も継続する
  • まとめ

それでは、上記に沿ってお話をしていきます。

noteを始めた理由,有料noteをどう考える?!

開始 スタート
開始 スタート

2019年のnote収益報告を公開する前に、まずはnoteを始めた理由をお話していきます。

ぶっちゃけそんな理由はどうでもいいと思っている方は多いと思いますが(笑)

今回この記事は#ブログとして執筆しているので、私個人的な歴史を残すという意味で書いておこうと思います(笑)

それでは、話をマジメに戻します。

私がnoteを始めた理由は、本を執筆したいなと思っていたところ、AmazonのKindle(電子書籍)を検索していたのですが、その方法がいまいちわからなかったからです。

そして、ちょうどその時期に、noteの存在を知ったからです。

と、まぁ単純な理由からnoteを執筆し始めました。

そんな感じで執筆し始めたわけですが、意外にも書ける書ける。

やはりこれは、今までにWebライティングの実績があるからだと思います。というか、そうです。

実際にnoteを執筆してから思ったのですが、noteであろうがWebサイトの記事であろうがライティングはライティングなので、書けるには書けます。

しかし、Webサイトの記事とnoteの何が違うか?!と言われたら、そのnoteを無料公開するのか有料公開するのかというところです。

「実際にnoteを書いたは書いたけど、その記事(書籍)を無料公開するのか有料公開するのか」を悩んでいる人がいますよね。

その悩みに関してですが、私個人的な意見(回答)としては以下です。

noteを無料公開または有料公開する基準

  • 悩むレベルなら「無料」で公開せよ。
  • 有益と言いきれるレベルなら「有料」で公開せよ。

※このレベルは、自分で決めてOK!

もちろん、有益と言いきれるレベルであっても無料公開するならするで、それはOKですね。

まぁでも、いつまでも無料公開ばかりでは、やはり収益にはつながらないので、収益を目的として少しでも考えているのであれば、どこかのタイミングで有料公開にするべきだと私個人的には思います。

それでは次に、note収益報告(2019年)をまとめましたので、ご興味ありましたらご覧ください。

note収益報告(2019年)

note収益報告:2019年
note収益報告:2019年

※↑一部、購入者の名前部分は■で伏せてます。

私がnoteの存在を知った時期は2019年の秋頃だったため、note開始(残している初めの投稿)が2019年10月です。

note:ライター「みさ」2019年の執筆歴

  • 2019年10月→1記事
  • 2019年11月→6記事
  • 2019年12月→3記事

※無料記事も有料記事もあります。

そして、有料記事の収益報告(2019年)が以下になります。

note:ライター「みさ」2019年の収益報告

  • 2019年11月→¥400
  • 2019年12月→¥1200

※全5冊が売れました。

そして、上記(全5冊)2019年に売れた記事は、以下2種類です。

【記事の書き方】ライターが有しているライティング術!

Twitterでフォロワーさんを激増させる方法!

上記2種類ともに、私の実経験に基づいて執筆しました。

もし宜しければ、私のTwitterアカウントも覗いて(のぞいて)みてくださいね。

以上、noteにおける2019年の収益報告でした。

noteという存在を知ったのが遅かったこともあり2019年は駆け出しという感じではありましたが、noteを執筆して良かったというのが結論です。

それでは次に、noteを2020年も継続するをお話していきます。

noteを2020年も継続する

有益な情報を伝える
有益な情報を伝える

そして、2020年ですが、2020年もnoteを継続していきます。

とはいえ、私個人的には自分のサイトの記事を執筆するのが最優先なので、noteは優先順位としては低めです。

noteで無料公開も良いのですが、考え方によっては、それよりは、自分のサイトの記事を執筆していくほうが良い気もしています。

そして、有料で公開したいほどの記事の場合はnoteで執筆するという感じにしていく予定です。

いまnoteで有料公開している記事(書籍)は、それだけの実経験から学んだ有益性を持っています。

やはりそれほどの有益=有料=価値のある記事(書籍)として販売しています。

なので、noteで有料公開している記事(書籍)について、有料で販売していることに腰が引けるなんてことはありません。

そして、2020年は、より有益な情報を終結したnoteを販売できるように行動していきます。

それでは最後に、今回のまとめをします。

まとめ

走り続ける
走り続ける

今回は、note収益報告(2019年)をお話しましたので、さいごにまとめ(再結論)をしておきます。

まとめ(再結論):note収益報告

note:ライター「みさ」

note収益報告(2019年)

  • noteを始めた理由,有料noteをどう考える?!→AmazonのKindleが難しければnoteがオススメ。有益レベルの情報と言いきれるなら有料公開するべき。そのレベルは自分で決めてOK!
  • note収益報告(2019年)→2019年は、全5冊で¥1600の収益でした。noteを執筆して良かった。
  • noteを2020年も継続する→有益情報の終結を目指す=有料note販売を目指す。
  • まとめ(再結論)

いかがでしたでしょうか。

意外にもnoteに手が出せないという方が多いようなので、2019年10月からnoteでの執筆を始めた私ですが、今回このような形で(微々たる収益ですが)「実際にnoteを書いて販売した実績」を公開させていただきました。

noteに対して不安がある方でも、ライティングの経験者なら、noteの執筆は全く問題ありません。

また、noteではマンガや小説なども書けるので、記事でなくとも好きな媒体で楽しめます。

さらに、私は自分でnoteを執筆していますが、他人のnoteを購入したりもしました。

noteでは書く側だけでもOK、購入する側だけでもOK、それら両方でもOKです。

自分が執筆するのに抵抗がある場合、最初は他人のnoteを読んでみるのがオススメです。

それでは、今回はここまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
misa
当サイト運営者・ライターをしています。