薬剤師

【薬剤師】転職支援会社ランキング、転職は間接的に相談するべき【すべて無料登録】

薬剤師ライター みさ

こんにちは。薬剤師歴が約10年のライターみさです。

薬剤師のみなさん、日々のお仕事お互いにお疲れさまです。

突然ですが、みなさんは【転職】について考えたことはありますか⁈

そして、【転職】のときに転職支援会社を活用したことはありますか⁈

特に…「最初の転職時」「高齢での転職時」は、意外と転職支援会社を活用していない薬剤師も多いようです。

ですが、多くの場合、転職支援会社を活用したほうが、より良いのです。※その理由は後述します。

そこで今回は、転職をすでに何度も経験したことのある私が、「転職支援会社を活用するべき理由」と「活用するべき転職支援会社をランキング形式で」お話していきます。

  • 【薬剤師】転職支援会社を活用するべき理由
  • 【薬剤師】活用するべき転職支援会社【ランキング】※すべて無料登録

お互いさまですが、お仕事がお忙しいと思いますので、当記事では【必要事項を端的にわかりやすく】執筆しています。

お時間の許す限り、ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは、さっそく【薬剤師】転職支援会社を活用するべき理由からお話を始めていきます。

【薬剤師】転職支援会社を活用するべき理由

転職支援会社を活用
【薬剤師】転職支援会社を活用するべき理由
  • 転職支援会社が非公開の求人情報を、登録することで見ることができるから。
  • 企業に直接聞きづらいことを、転職支援会社に聞いてもらえるから。これにより、より好条件で転職できる場合が多々あるから。
  • 【転職支援会社を複数登録するべき】:転職支援会社によって、もっている案件の種類が異なるから。

それでは、上記について詳細を進めていきます。

薬剤師の求人情報は、転職支援会社に登録しなくても見れる案件が世の中に多数あるのは事実です。

ですが、転職支援会社に登録(活用)したほうが、非公開求人を見ることができ、より好条件で転職できるのは確かです。

というのも、企業と直に面接すると、企業によっては「けっこうあまく見られる」場合があります。というのも、薬剤師自身が悪いわけではなく、「転職支援会社を通していない=お金が掛からない契約になる=どんな扱いをしても良いでしょう」という企業も少なくありません。

なので、このようなことにならないためにも、転職支援会社を活用するべきです。

そして、「複数の転職支援会社」に登録するべきです。

転職支援会社によって、もっている案件が異なる場合が多いです。さらに言うと、同じような案件であっても年収差が大きかったりもします。

私がこれだけ言えるのも、今までに転職支援会社を多数活用してきたからです。

それでは、「なぜ、そのような差が発生するのか」という疑問ですが…

その答えは簡単で、「それぞれの転職支援会社が、それぞれの企業とのやり取りの履歴」によるからです。

「(企業側)この転職支援会社から、以前に良い薬剤師を紹介してもらったから、またココの転職支援会社に頼もう」

「(転職支援会社側)この企業へ以前に薬剤師さんを好条件で紹介できて、その薬剤師さんが辞めずに続いているから、この企業を(同じような希望条件の)他の薬剤師さんにも紹介したい。」

以上のようなことが実際に起こっているので、転職支援会社によって「差」が発生するのです。

ぜひ参考にしていただければと思います。

それでは次に、【薬剤師】活用するべき転職支援会社【ランキング】についてです。

【薬剤師】活用するべき転職支援会社【ランキング】※すべて無料登録

【薬剤師】転職支援会社ランキング形式

当記事では、新卒から今までの約10年間で私が実際に転職で活用してきた転職支援会社を【自分なりの経験からランキングにして】お送ります。

インターネット上では、さまざまな情報が飛び交っており、薬剤師ではない方が書いた記事が多く存在しています。

そこで今回は、薬剤師であり転職経験も豊富な私が、自分の経験談を交えて、(恐縮ながら)転職支援会社をランキング形式で発表させていただきます。

さっそくランキングを発表したいところですが、その前に【1つ注意事項】があります。

☑当記事は、私の経験に基づいています。

転職支援会社を決める基準は、重要です。しかし、それぞれそのときに担当していただくキャリアコンサルタントによっては、違った印象をもつ可能性は大いにあることを、事前にご了承ください。

それでは、ランキングの詳細としてメリット・デメリットを公開していきます。

1位:【ファルマスタッフ】

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

【ファルマスタッフ】は、多くの薬剤師が転職で活用している転職支援会社です。

もし、ファルマスタッフに登録していない方は、ぜひ登録しておくことをおすすめします。

その理由として、【ファルマスタッフ】のメリット・デメリットをまとめました。

※株式会社メディカルリソース【ファルマスタッフ】:東証一部上場の大手調剤チェーン

【ファルマスタッフ】メリット
  • 日本調剤グループが運営している転職支援会社。
  • 求人数多く、全国案件OK、高収入案件が多め。
  • 派遣の案件が多い。地方への派遣案件も高時給で多め。
  • キャリアコンサルタントが各求人案件の現場に訪問し、各求人案件のメリット・デメリットをヒアリングしている。
  • 電話での面談OK、対面での面談もOK

【ファルマスタッフ】は、正直に言って「メリットしかない」と言っても過言ではありません。

なので、「転職支援会社をどこにしようかな」と考えている方は、まずファルマスタッフに登録しておくべきです。

私自身の経験から、上記のように思います。

また、登録→面談(主に、職務経歴書を提出)までを電話でも良いので済ませておくと、いざ転職を本気で実行したいときに、すぐに転職活動に取り組むことができるので、おすすめです。

今すぐに転職を考えていないにしても、「3ヶ月後または半年後、1年以内に転職を考えている」という現状の思いを、ファルマスタッフのキャリアコンサルタントに伝えておくスタイルでも受け入れてくれます。

逆に、もちろん「1ヶ月以内に転職したい」などの要望にも答えてくれます。

また、派遣の案件が豊富なので、これもファルマスタッフの魅力の1つです。

【ファルマスタッフ】デメリット
  • 求人案件数が全国に多すぎるので、ファルマスタッフのホームページ内において自分で案件をしぼるのは、結構大変。

私自身、ファルマスタッフに登録して→最初は、ファルマスタッフのホームページ内において自分で検索をかけていたのですが、案件数が多くて大変でした。そこで、キャリアコンサルタント担当者に案件をしぼっていただき、それは解決できました。

以上が、【ファルマスタッフ】についてでした。

それでは次に、2位【エムスリーキャリア】です。

2位:【エムスリーキャリア】薬キャリ

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

薬剤師界隈(かいわい)では、とても有名なのが【エムスリーキャリア】ですね。

※エムスリーキャリア:薬キャリ

そして、「エムスリーキャリアは【業界最大求人数40000件以上】を扱っています」というように、しっかりと実数を公開していることにより、信頼度が高いです。

正直、【業界最大】という言葉が、転職支援会社あちこちの企業に多くあります。しかし、エムスリーキャリアでは、その実数を40000件以上と公開しているところが良いですね。

それでは、【エムスリーキャリア】についてのメリット・デメリットをまとめました。

【エムスリーキャリア】メリット
  • 【業界最大求人数40000件以上
  • 派遣の案件もあり。
  • 案件をしぼって提案してくれる。
  • 転職相談のやり取りを「電話やメールだけで済ませたい方」向け。
  • 全国の案件OKだが、なんだかんだで【東京】の案件に強い。

私の経験からすると、なんだかんだで【東京】の案件に強いような感じがしました。しかし、私の友人は、大阪の案件でエムスリーキャリアに探してもらったと言ってましたので、地域関係なく問題無いようです。

【エムスリーキャリア】デメリット
  • 転職の面接本番時に、エムスリーキャリア担当者の同行は無いので、「面接本番が不安だ」という方には向いていない。
  • 対面での面談が無い。

私自身、エムスリーキャリアを活用して転職したときに「面接本番において、エムスリーキャリア担当者の同行が無いこと」を面接日時が決まってから初めて知り、とても不安でショックでした。

というのも、エムスリーキャリアを活用する前に登録していた転職支援会社では、面接本番時の同行があったからです。

面接本番で何もかもハッキリと発言できる方には関係ない話だとは思いますが、「いざ面接本番になったら、頭の中が真っ白になってしまう」などの方は、面接本番時の同行があるのか無いのか⁈を事前に確認するべきです。

以上が、【エムスリーキャリア】についてでした。

それでは次に、3位【リクナビ薬剤師】です。

3位:【リクナビ薬剤師】

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

【リクナビ】という言葉は、世の中でよく耳にしますよね⁈

そう、有名なリクルート関係です。

その薬剤師専門バージョンが【リクナビ薬剤師】です。

そして今回は、リクナビ薬剤師ならではのメリット・デメリットをまとめました。

※株式会社リクルートメディカルキャリア:株式会社リクルートが100%出資している【医師・薬剤師・看護師の転職支援事業】

【リクナビ薬剤師】メリット
  • リクルートグループが運営する【薬剤師専門】の転職支援会社なので、安心感がある。
  • 【業界トップクラス】薬剤師求人案件数が多い。
  • 案件を出してくれるスピードが速い。全国の案件に対応可。
  • 病院、調剤薬局やドラッグストア以外の薬剤師としての働き方も提案可能である。
  • キャリアアドバイザーの紹介が、ホームページに載っている。
  • 対面での面談は、基本的に無い。(電話とメールでOK)

やはり、【リクナビ】だけあって、求人数は多いです。そして、調剤する薬剤師以外のポジションとしての提案も可能というところも魅力的です。

私がリクナビ薬剤師に登録して相談したときに、調剤する薬剤師以外のポジションについての案件もいただきました。

【リクナビ薬剤師】デメリット
  • 自分が思っていた案件と異なる場合は多め。
  • 電話やメールがやや強引。
  • 対面での面談が、基本的に無い。
  • 派遣の案件が無い。

メリットである「案件を出してくれるスピードが速い」ぶん、やや強引な感じもあります。しかし、その案件に興味が無い場合は、もちろん一度断ればOKです。

対面での面談が基本的に無いので、担当者と実際に会って話を進めていきたい方には向いていません。

以上が、【リクナビ薬剤師】についてです。

それでは次に、4位【マイナビ薬剤師】です。

4位:【マイナビ薬剤師】

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

【マイナビ】という言葉は、世の中でよく耳にしますよね⁈

そう、その薬剤師専門バージョンが【マイナビ薬剤師】です。

そして今回は、マイナビ薬剤師ならではのメリット・デメリットをまとめました。

【マイナビ薬剤師】メリット
  • 【マイナビ】は有名企業なので、それだけで安心感はある。
  • 対面での面談が、基本的にある。※薬剤師がマイナビ支社へ出向く。
  • 求人案件数が多い。

【マイナビ】の支社へ直接出向くことで「こんな会社に転職支援をしてもらう」ということが直にわかるのは、とても良かったです。

【マイナビ薬剤師】デメリット
  • 対面での面談が、基本的に必要。※薬剤師がマイナビ支社へ出向く必要がある。カフェなどでの面談は、基本的に不可。
  • 求人案件数が多い反面、大量の案件数が送られてくる。
  • 派遣の案件が無い。

私の経験からすると、案件数が多いのは確かなのですが、大量の案件数を一度に出されて、逆に困りました。

以上が、【マイナビ薬剤師】についてでした。

それでは次に、私が登録したことの無い転職支援会社もご紹介しておきます。

順位不同:私が登録したことの無い転職支援会社

念のため、私がまだ登録したことの無い転職支援会社を載せておきます。

以上です。

もし気になる転職支援会社がありましたら、それぞれに登録してみてください。※登録は、すべて無料です。

それでは、さいごにまとめます。

まとめ

薬剤師ライター みさ

【薬剤師】転職は間接的に相談するべき【すべて無料登録】

まとめ

【薬剤師専門の転職支援会社】というのは、意外と多く存在しています。

なので、「どれに登録しようか」迷ったら、ぜひ当記事を参考にしていただければ幸いです。

さらに言うと、登録はすべて無料なので、まず登録→転職支援会社へ職務経歴を提出まで済ませておくことで、いざ転職を本気で実行したいときに転職の準備満タンなので、おすすめです。

私は、実際に「複数の転職支援会社」に登録して、それぞれを活用してきました。そして、当記事に今までの経験を交えて執筆しました。

当記事が、少しでも多くの薬剤師の力になれたらいいなと思っています。

以上、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
misa
当サイト運営者・ライターをしています。