Wordpress

【超重要】WordPressの無料テーマ「Cocoon」に必要なプラグイン11選+α

ライター みさ

こんにちは。みさです。

みなさん、WordPressの無料テーマ「Cocoon」を使っていますか⁈

私は、2020年に初めて「Cocoon」を使い始めました。

※それまでは、Wordpressの有料テーマ「ストーク」や「JIN」を使ってきました。

そこで、「Cocoon」を使うにあたり、必要なWordpressのプラグインを今回はまとめていくことにします。

※今回まとめていくプラグインは、あくまでも「Cocoon」を使うときに必要なプラグインです。

実際に、私が取り入れているプラグインを全11選+αを解説していきます。

当記事で得られること

WordPressの無料テーマ「Cocoon」を使用している方へ

「Cocoon」を使用していく上で、厳選したプラグイン11選+α

「どんなプラグインを入れたら良いのか」が解るようになる。

※参考:) WordPressのテーマ【有料または無料】 について。

それでは、さっそく始めていきます。

WordPressの無料テーマ「Cocoon」に必要なプラグイン11選+α

WordPress プラグイン Cocoonに必要

まず、以前に「Wordpressの厳選プラグイン17選」を記事にしましたが、それを元に、当記事を進めていくことにします。

プラグイン11選

早い話が、上記に示したプラグイン11選が、Wordpressの無料テーマ「Cocoon」に必要なプラグイン【結論】となります。

私が今回これら11選にしぼったのには、さまざまな試行錯誤の結果です。

なので、一つの参考にしていただければと思います。

というのも、Wordpressのプラグインの種類といえば約20000種類ほども存在すると言われています。

なので、それら約20000種類の中から厳選するには、かなりの試行錯誤が必要…そして、これこそ「人それぞれ選択するプラグインは異なる」と言っても過言ではありません。

ということで、もっと良いプラグインがあるかもしれませんし、プラグインはどれが正解なんていうことはありません。

唯一、どれが正解か⁈と聞かれたら…「あなたに合うプラグイン/あなたが必要とするプラグインを導入することが正解です」ということです。

ぜひ自分に合ったプラグインを見つけてください。

それでは次に、補足事項:) プラグインα:1選「 Invisible reCaptcha for WordPress」についてです。

補足事項:) プラグインα:1選「 Invisible reCaptcha for WordPress」

補足事項として、入れておいたほうが「より安全にスパム対策ができる」プラグインとしてInvisible reCaptcha for WordPressがあります。

WordPressのプラグイン「 Invisible reCaptcha for WordPress 」を設定する【事前準備:3点】

  • WordPressダッシュボード管理画面を開いておきます。
  • Google reCAPTCHAを開きます。
  • サイトキーとシークレットキーをメモしておくためのメモ帳を用意しておく。

それでは、設定していきましょう。

※今回は、サイト名「min-life」の設定をしていきます。

min-life Wordpressのプラグイン「reCaptcha」 設定方法

以上、完了です。

それでは次に、参考:) WordPressのテーマ【有料または無料】についてです。

参考:) WordPressのテーマ【有料または無料】



WordPressのテーマ 有料または無料
[実録による結論]
WordPressのテーマは、有料テーマのほうが時間短縮できる。
  • 有料テーマであれば、設定にかかる時間が約半日ほどで済む。
  • 無料テーマであれば、設定にかかる時間が約2日間ほどかかった。
  • お金に余裕があれば、有料テーマがおすすめ。
  • あまりお金をかけたくない場合は、無料テーマ「Cocoon」が良い。

WordPressのテーマには【有料または無料】がありますが、ぶっちゃけどっちが良いの⁈という疑問は多いと思います。

※実際に、私も同じ悩みを抱えていました。

ということで、私は有料テーマも無料テーマも使ってみました。

  • 有料テーマに関しては、「STORK19」JINも使ってみました。
  • 無料テーマに関しては、Cocoonを使ってみました。

正直、無料テーマより有料テーマのほうが簡単に設定できました。

そして、世の中では「有料テーマのほうがSEO対策もしっかりされている」なんて言われています。

しかし、SEO対策というのは、近年ではSNSほど重視されていない傾向です。

というのも、ブログ記事が読まれるときって、Google検索窓からの流入よりもSNSからの流入のほうが成果が出やすいからです。

なので、「ブログ記事が読まれるかどうか」の観点から、無料テーマより有料テーマのほうが良いなどとは簡単に結論づけることはできません。

また、「有料テーマだから、Wordpressのプラグイン数が少なくて済む」なんていうこともありません。

そして、「無料テーマだから、Wordpressのプラグイン数を多く入れなければならない」なんていうこともありません。

ということで、[結論]Wordpressのテーマは有料でも無料でも良いが、お金に余裕がある場合は有料テーマのほうが良い(カスタマイズ設定にかかる時間を短縮できるため)です。

参考:) WordPressの有料テーマの価格は⁈

だいたいですが、約5000円~約30000円ほどです。

平均して、約10000円~15000円ほどの価格が多いです。

それでは、さいごにまとめます。

まとめ

ライター みさ

【超重要】Wordpressの無料テーマ「Cocoon」に必要なプラグイン11選+α【完全保存版】

まとめ

WordPressのテーマによって、どんなプラグインが必要となってくるのか⁈ということが異なります。

なので、まずは「自分が使いたいテーマにどれだけの機能がすでに備わっているのか」を把握することから始めていきましょう。

そして、テーマだけでは厳しい部分(機能)をプラグインで補っていくという感じです。

以上、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
みさ
当サイト運営者・ライターをしています。