Wordpress

【厳選プラグイン】WordPressのプラグインは17個だけで良い【総まとめ】

ライター みさ

こんにちは。ライター「みさ」です。

今回は、【プラグイン】Wordpressのプラグインは17個だけで良い【総まとめ】を解説していきます。

当記事をご覧いただくと、WordPressの【プラグイン】厳選を得ることができます。

「Wordpressのプラグイン…何を選択すれば良いのかわからない」という初心者の悩みを解決していきます。

ライター みさ

それでは、今回の解説は、プログラマー みさ にお任せしましょう。

プログラマー みさ

はーい、それでは解説していきますね。

WordPressのプラグインは17個だけで良い

プラグイン
プログラマー みさ

WordPressを使っている皆さん、
どんな【プラグイン】を入れていますか⁈

WordPressの【プラグイン】は20000個ほど存在するとも言われています。

なので、Wordpress初心者であれば、どのプラグインを入れたら良いのか迷いますよね⁈

そこで、今回は【プラグイン】を17個にしぼってみました。

※プラグイン:拡張機能のことです。プラグインを入れることによって、様々なことが可能になります。

※プラグインの選択:どのプラグインを入れるか⁈は、人によって様々です。

【プラグイン】の数は、基本的に20個までにしておくべきであると、Wordpress界隈(かいわい)では言われています。

しかし、【プラグイン】の数は、少なければ少ないほうが良いです。

なぜなら、単純に「プラグインが少なければ少ないぶん、Wordpressが軽くなるから」「プラグインによるエラーなどのリスクを軽減できるから」です。

ここで、「プラグインによるエラーが発生することがあるのか⁈」という疑問はあるかもしれませんが、たまにあります。

なので、プラグインも良し悪しなのです。

ということで、【プラグイン】を厳選していきましょう。

今回は、私が厳選した【プラグイン】であり、実際に使用しているプラグインをご紹介していきます。

ぜひ参考までに、ご活用いただければ幸いです。

それでは、始めていきます。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム)

プラグイン「Akismet Anti-Spam (アンチスパム) 」は必須です。

このプラグインは、スパム対策のプラグインなので、できる限り、記事を書く前の段階で設定しておくべきプラグインです。

※スパム:サイト運営側を無視して、無差別に送られてくるメールなどのことです。一般的に「スパム=ほぼ悪質」です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

そして、以下のように作業を進めていけば、設定完了です。

※注意点:) ¥0にすることです。特別プラン(有料)は、基本的には不要です。

Akismet Anti-Spam (アンチスパム) の設定方法

以上、お疲れさまでした。

WP Multibyte Patch

プラグイン「WP Multibyte Patch」は、Wordpressにおいて英語を日本語に変えて表示してくれるプラグインです。厳密に言うと、日本語化を強化してくれるプラグインです。

通常、Wordpressをそのままにしておくと英語で表記されています。

なので、英語が苦手であれば、このプラグインは必須になります。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。 ※このプラグインに関しては、これで設定完了です。

WP Multibyte Patch の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Broken Link Checker

プラグイン「Broken Link Checker」は、リンクエラーが発生した場合に通知してくれるプラグインです。

このプラグインは、サイト運営者にとっても読者さんにとっても在ったほうが良いプラグインです。

リンクエラー発生時にサイト運営者へメールで通知が来ますので、サイト運営者はそのリンクエラーを直す→リンクエラーが直れば、読者さんにも安心していただけるメリットがあります。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

このプラグインは、少しだけ設定が必要です。

有効化⋙設定⋙【一般】⋙(以下のように設定していきます)⋙変更を保存で設定完了です。

※[各リンクをチェック]:リンクエラーのチェックを何時間ごとに実行するのか⁈という設定をする項目です。今回は48時間ごとに設定していますが、お好みの時間で設定してOKです。

Broken Link Checker の設定方法

以上、お疲れさまでした。

All In One SEO Pack

プラグイン「All In One SEO Pack」 は、内部SEOを強化するための必須プラグインです。

※内部SEO:自分のサイトを最適化→検索エンジンにクロール(巡回)してもらえるようにするなど。

内部SEOを強化するには、Googleの機能を使ったり、SNSとの連携をするなどの設定が必要です。それらの設定を、このプラグインですべて完了してしまいましょう。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

このプラグインでは、けっこう設定が必要です。

有効化⋙【SEO設定】⋙ (以下のように設定していきます)⋙設定を更新で設定完了です。

【事前に取得が必要な項目】
  • Google Search Console のウェブマスター認証キー
  • Bing Webmaster Tools のウェブマスター認証キー
  • GoogleアナリティクスID
  • ソーシャルプロフィールのリンク ※設定するのであれば必要(たとえば、Twitterのプロフィールリンク)。
  • 担当者の名前 ※選択する。

上記の5項目のうち【事前に取得が必要な項目】の上位3個の取得は、少しめんどくさいのですが、これらは必須です。

All in One SEO Pack の設定方法

以上、お疲れさまでした。

PS Auto Sitemap

プラグイン「PS Auto Sitemap」は、読者さんへ向けてのサイトマップを自動生成するプラグインです。なので、このサイトマップはGoogleに向けてのサイトマップ生成ではありません。

とは言え、Googleに向けてだけではなく、読者さんへ向けてのサイトマップも生成しておくべきなので、今回はこのプラグインを設定していきます。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化したら、固定ページを開きます。

固定ページにサイトマップを生成していきます。

  • タイトル名:サイトマップ
  • パーマリンク:(わかりやすいような設定にしておく) 今回は「auto-sitemap-06」にしました。
  • コードエディタ(テキストエディタ)の本文に、<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –> と入力して→公開(更新)
  •  Wordpressのダッシュボード管理画面⋙設定⋙【PS Auto Sitemap】⋙IDを確認し→メモしておく→IDを入力する、そのほか各項目を設定⋙変更を保存で設定完了です。
PS Auto Sitemap の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Google XML Sitemaps

プラグイン「Google XML Sitemaps」は、Googleへ向けてのサイトマップを自動生成する必須プラグインです。

「自分のサイトは、こういうサイトですよ」とパッと見てわかるのが【サイトマップ】です。なので、Googleへ向けて示す必要があります。サイトマップ=カテゴリー表示です。

このプラグインで【Googleへ向けてのサイトマップ】を生成したら→Google Search Console へ【サイトマップのURL】を送信しましょう。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定⋙【XML-Sitemap】⋙ (以下のように設定していきます)⋙設定を更新で設定完了です。

Google XML Sitemaps の設定方法

そして、さいごに Google Search Console へ【サイトマップのURL】を送信しましょう。

Google Search Console を開きましょう。

Google Search Console へサイトマップを送信する方法

以上、お疲れさまでした。

UpdraftPlus-Backup/Restore

プラグイン「UpdraftPlus-Backup/Restore」は、バックアップを取るのに適したプラグインです。

このプラグインを設定するなかで、バックアップ先をどこにするのか⁈を決める必要があります。

また、バックアップを手動でするのか自動でするのか⁈なども決める必要があります。※お好みで設定していきます。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定⋙(各項目を選択していきます)⋙変更を保存で設定完了です。

UpdraftPlus-Backup/Restore の設定方法

補足事項:) プラグイン「UpdraftPlus-Backup/Restore」

  • 1つのアカウントについて、5サイトまで無料でバックアップ可能です。
  • メールアドレス/パスワード を設定します。
  • メールアドレス認証が必要です。
  • バックアップの保存先は、自分で決めます。※私の場合は、Dropboxにしました。

UpdraftPlus Backup/Restore:実際にバックアップしてみる。

以上、お疲れさまでした。

Contact Form 7

プラグイン「Contact Form 7」は、お問合せフォームを設置するためのプラグインです。

※サイトでは、【お問合せフォーム】を設置することが一般的で基本となっています。たとえば、Googleアドセンスに合格するためにも【お問合せフォーム】の設置は必須です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まず、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定⋙【コンタクトフォームの設定】IDを確認、保存⋙[固定ページ]コードエディタにIDを入力⋙公開または更新で設定完了です。

※ 【コンタクトフォームの設定】 :タイトル「お問合せ」と入力します。

ID:[contact-form-7 404 "Not Found"]

Contact Form 7 の設定方法

以上、お疲れさまでした。

EWWW Image Optimizer

プラグイン「EWWW Image Optimizer」は、画像を圧縮してくれる必須プラグインです。

このプラグインは、基本的に必須なのですが、それは[記事に画像を挿入すること]を前提として考慮しているからです。

もし、記事に画像を挿入しない あるいは 記事に画像をあまり挿入しない場合には、このプラグインは不要です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まず、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定⋙(各項目を選択していきます:[ベーシック][変換])⋙変更を保存で設定完了です。

EWWW Image Optimizer の設定方法

以上、お疲れさまでした。

そして、このプラグインに関しては定期的に使用しなければなりません【一括最適化】。

【一括最適化】の作業は、1週間ごとや1ヶ月ごとなど頻度は自分で決めましょう。頻度に関して特にどのくらいが良いなどはありません。

EWWW Image Optimizer 「一括最適化」の方法

以上、お疲れさまでした。

Really Simple SSL

プラグイン「Really Simple SSL」は、SSL化=https化=サイトを保護してくれる必須プラグインです。

※SSL化:2020年2月からは、Googleのルールで「SSL化」を必須となっています。もし「s」が無いhttpのままだと、サイトが飛ぶ可能性大なので、SSL化は必須です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。このプラグインに関しては、有効化までで設定完了です。

Really Simple SSL の設定方法

以上、お疲れさまでした。

WebSub/PubSubHubbub

プラグイン「WebSub/PubSubHubbub」は、クローラーを直接、自分のサイトへ呼んでくれる=Googleに、自分のサイト[更新]を一早くインデックスしてもらえる必須プラグインです。

※WebSub/PubSubHubbub(ウェブ パブサブハブバブ)

※クローラー:Web上を情報収集のために巡回(クロール)しているプログラム。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。このプラグインは、これで設定完了です。

WebSub/PubSubHubbub の設定方法

そして、今後何もしなくても(放ったらかしで)OKです。

以上、お疲れさまでした。

Table of Contents Plus

プラグイン「Table of Contents Plus」は、記事において【見出し=目次】を設定できる便利なプラグインです。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定で、各項目を設定していきましょう。

Table of Contents Plus の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Edit Author Slug

プラグイン「Edit Author Slug」は、外部からユーザーIDが丸見えにならないようにするプラグインです。

もし、このプラグインを使用しなかったら…ユーザーIDは外部から丸見えのままです(笑)

※ユーザーID=Wordpressへログインするときに使うID

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙設定⋙投稿者ベースには[外部から見えても構わないスラッグ]を記入します⋙(各項目を設定します)⋙Wordpressのダッシュボード管理画面「ユーザー一覧」で、先ほど設定した [外部から見えても構わないスラッグ] に変更されていることを確認して設定完了です。

Edit Author Slug の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Invisible reCaptcha for WordPress

プラグイン「Invisible reCaptcha for WordPress」は、サイトを保護してくれる(サイトを守ってくれる)プラグインです。

このプラグインは、たとえば、銀行のWeb口座やFXなどにログインする際などにも頻繁に使用されていますので、どこかで見かけたことがあるかもしれませんね。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

そして、Google recaptcha から「サイトkey」と「シークレットkey」を取得しておきます。※コピペできるようにしておきましょう。

Google recaptcha ⋙管理コンソール⋙[新しいサイトを登録する]⋙ reCAPTCHA v3 を選択する⋙【ラベル、ドメイン】追加=【ドメイン名】を入力する、https部分は入力しない⋙ 「サイトkey」と「シークレットkey」 は コピペできるようにしておきましょう。

そして、WordPressのダッシュボード管理画面の設定⋙ Invisible reCaptcha ⋙[Get In Touch With Us]⋙ 「サイトkey」と「シークレットkey」 を入力する、Japaneseを選択する、Inlineを選択する//4項目すべてにチェックを入れる//お問合せフォーム(Contact Form)にチェックを入れるまで設定します。

さらに、WordPressのダッシュボード管理画面のお問い合わせ⋙インテグレーション⋙ 「サイトkey」と「シークレットkey」 を入力する まで設定します。

Invisible reCaptcha for WordPress の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Jetpack by WordPress.com ←悪さをするので削除済み!

プラグイン「Jetpack by WordPress.com」をインストール→有効化までしたところ、【Wordpressへログインできなくなる(エラーではないのに)】というトラブルが発生しました。

→今回のトラブルへの対処法:サーバーの[ファイル管理]を開きます→対象となるプラグイン(今回の場合は、Jetpack by WordPress.com)を[ファイルの削除]をします→サーバーを再起動して、ちゃんと削除されていることが確認できたら→Wordpressを再ログインしてみます、ログインできたら完了です。

TinyMCE Advance

プラグイン「TinyMCE Advance」は、WordPressのビジュアルエディタで使える機能を拡張させることができる必須プラグインです。

※コードエディタを使用せずにビジュアルエディタを使用したい場合には、このプラグインが必須です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まず、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙[設定項目]⋙使用したいエディタを選択する【Block Editor(Gutenberg)】⋙(各項目をチェックします)⋙[変更を保存]で設定完了です。

(各項目をチェックします)

  • Main toolbar : メインツールバー(記事本文内)
  • Alternative side toolbar : サイドバー(記事本文の横)
  • Unused buttons for the blocks toolbars : 不要な機能を置く場所
TinyMCE Advance の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Category Order and Taxonomy Terms Order

プラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」は、サイト内のカテゴリーの順番を入れ替えることができるプラグインです。

カテゴリーをどの順番で並べたいのか⁈親カテゴリーも子カテゴリーも並び替えることができる便利なプラグインです。

サイト内にカテゴリーの種類を多く設けている場合は、このプラグインは必須です。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

有効化⋙Wordpressのダッシュボード管理画面の[投稿]Taxonomy Order ⋙[ドラッグアンドドロップでカテゴリーの順番を入れ替える]⋙[更新]で設定完了です。

Category Order and Taxonomy Terms Order の設定方法

以上、お疲れさまでした。

Advanced Ads-Ad Manager & AdSense

プラグイン「Advanced Ads-Ad Manager & AdSense」は、Googleアドセンスに申請するときから必要なプラグインです。

このプラグインは、WordPress内の広告を最適化してくれるプラグインです。

それでは、さっそく設定していきましょう。

まずは、Wordpressを開きます。

ダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙新規追加⋙インストール⋙有効化まで一気に済ませましょう。

Advanced Ads-Ad Manager & AdSense の設定方法

そして、ココでGoogleアドセンスへ申請します。

→Googleからの指示に従います=自分のサイトのheadタグに「script~」をコピペします。

→Googleアドセンスのほうで[送信]をクリックします。

以上、ココまでで【Googleアドセンスへ申請】が完了しました。

→【Googleアドセンスの合否】の結果をしばらく待ちます。早ければ、翌日に合否がメールでGoogleから送信されて来ます。遅ければ、約2週間~約1ヶ月ほどかかります。いずれにせよ、合否の結果は「待つ」しかありません。

→Googleアドセンスに無事に合格しました。[実際、私の場合はGoogleアドセンスの合否の結果が翌日に来ました。]※今回は、合格したとして話を進めていきます。

ココまで来て、やっとWordpressのほうを開きます。

WordPressのダッシュボード管理画面⋙プラグイン⋙Advanced Ads ⋙[サポート]をクリックします。

[一般]と[AdSense]の項目を設定していきます。

※[プロ][トラッキング][ライセンス][Privacy][サポート]の項目は、放っておきます。

Advanced Ads-Ad Manager & AdSense の設定方法 続き

※[一般]の設定項目:ads.txtを設定しておかないとGoogleアドセンスから[警告]が来るので、設定しておく必要があります。

以上、お疲れさまでした。

プログラマー みさ

これで、WordPressのプラグイン17個の設定を完了しました。

大変、お疲れさまでした。

それでは、次項で【補足事項】 プラグインについてをお話して、さいごにまとめをします。

【補足事項】 プラグインについて

choice 選択する

今回は、WordPressのプラグインを厳選17設定しました。

しかし、冒頭でも触れたように、Wordpressのプラグインは約20000種類もあると言われています。

なので、今回ご紹介した以外にも優秀なプラグインは、あると思います。

しかし、初心者のうちは「プラグインの種類がありすぎてわからない…」という悩みに陥ってしまいがちです。

私も2019年に初めてWordpressを始めたときに、全くと言っていいほどわからずに、とても悩みました。

私がとても悩んでしまったには、すべてが独学だから…というのも一つ原因だとは思います。

そして、ある日、【Wordpressへログインできない(エラーではないのに)トラブル】が発生→これを機に、もう一度 最初からプラグインを設定し直し、どのプラグインが悪さをしていたのか⁈を検証しました。

今回の検証では、「Jetpack by WordPress.com」 が悪さをしていたという結論に至りました。

そして、 「Jetpack by WordPress.com」 をサーバー上から削除し→無事に解決できました。

「Jetpack by WordPress.com」 は有名なプラグインで安全とされていますが、今回のトラブルのように、有名で安全とされているプラグインであっても、いつ悪さをするのか⁈わかりません。

なので、できる限りプラグインの種類は少なくするほうが良いと実感しました。

とは言え、サイトを保護するのに必要なプラグインなどは積極的に導入しておきたいなどの気持ちはあり→その結果、今回は全17個に厳選で設定を完了しました。

プラグインは、更新指示があるときだけ、随時 更新します。

また、最初に設定したからといってそのまま継続しなければならないことはなく、随時 見直していくなど、必要あれば対応していくという感じです。

それでは、さいごにまとめます。

まとめ

プログラマー みさ

それでは、今回のまとめです。

【厳選プラグイン】Wordpressのプラグインは17個だけで良い【総まとめ】

  • Akismet Anti-Spam (アンチスパム)
  • WP Multibyte Patch
  • Broken Link Checker
  • All In One SEO Pack
  • PS Auto Sitemap
  • Google XML Sitemaps
  • UpdraftPlus-Backup/Restore
  • Contact Form 7
  • EWWW Image Optimizer
  • Really Simple SSL
  • WebSub/PubSubHubbub
  • Table of Contents Plus
  • Edit Author Slug
  • Invisible reCaptcha for WordPress
  • Tiny MCE Advance
  • Category Order and Taxonomy Terms Order
  • Advanced Ads-Ad Manager & AdSense

プラグインの数は、少なければ少ないほど(WordPressが軽くなるので)良いです。

しかし、なんだかんだで、今回しぼってみてもプラグイン全17個…

まぁ私の場合、最低限に必要と思って導入したのが全17個になったということです。

なので、もっと減らしたい場合は、自分で考えてください(笑)

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

以上、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
misa
当サイト運営者・ライターをしています。