Wordpress

WordPressのテーマ変更を実装した件,ストークからJINへ!

こんにちは。ライター「みさ」です。

みなさん、Wordpressのテーマについて悩んでいませんか。

「どのテーマを使えば良いのか」

正直、実際に使ってみないことには何とも言えないと思います。

そして、Web上に溢れ(あふれ)かえっているさまざまな情報ですが「たとえば、Wordpressのテーマおすすめ◯◯選」みたいな。ハッキリ言って、そのテーマ全部使ったんですか?!という疑問もありますよね。

そこで、今回は、私が事実使ったことのあるWordpressのテーマ【stork】と【JIN】について、執筆していきます。

そして、今回はWordPressのテーマ変更を実装した件(ストークからJINへ)をお話していきます。

それでは、まず今回の要約です。

要約:storkとJIN

WordPressのテーマ変更を実装した件(ストークからJINへ)

※storkもJINも、Wordpressの有料テーマです。無料テーマではありません。

  • storkを使ってみた感想
  • JINを使ってみた感想
  • storkからJINへテーマ変更を実装した件
  • WordPressのテーマは、初心者なら圧倒的に有料テーマを使うべき理由
  • まとめ

それでは、要約(目次)に沿って話を進めていきます。

storkを使ってみた感想

私が最初にWordpressを始めたときに使用した有料テーマが、まさにstorkでした。

そして、まずは結論として、最初にstorkを選択して大正解でした。

なぜなら、WordPressのことをほぼ知らない状態の超初心者の私でもstorkは使いこなせたからです。

WordPressって、Wordpressを知らない人からすると、その言葉だけでも難しそうなイメージを持ってしまいがちですが、そんな超初心者の不安な気持ちを打破してくれるような有料テーマがstorkです。

なので、storkにはメリットしかないと言っても過言ではありません。

stork(ストーク)のメリット

  • 超初心者に優しい。
  • HTMLやCSSの知識が無くても使える。
  • ウィジェット機能により、さまざまなこと(※)を設定しやすい。
  • WordPressのプラグイン「Jet pack」を使用することによるSNSとの連携がスムーズである。
  • サイトのデザイン雰囲気が可愛い。
  • storkを販売しているOPENCAGEで、storkの使い方について詳しい解説が示されている。
  • おすすめ記事をピックアップして、スライドショーにする方法がわかりやすい。
  • ショートコードを使えば、内部リンクが簡単にできる。内部SEO対策が良い。

※ウィジェット機能により、広告の設置はもちろん、ハンバーガーボタンの内容のカスタマイズがしやすいなどメリットがたくさんあります。

さらに、storkはブロガー界隈(かいわい)でも、とても人気で信頼性のあるWordpressの有料テーマとされています。
▶WordPressテーマ「STORK19」

しかし、stork(ストーク)のデメリットが1つあります。

stork(ストーク)のデメリット

  • storkを1個ダウンロード(購入)したら、1つのサイトにしか使えないこと。(stork1個を複数のサイトには使えません。)2019年12月現在

以上のように、storkのデメリットとしては、同じテーマ(すべてstork)で複数サイトを構築したい方は、その数のぶんだけstorkを購入しなければならないというデメリットがあります。

逆に言えば、複数サイトを構築せずにサイトは1つだけで良いという方には、デメリットになりません。

いかがでしたでしょうか。

それでは次に、JINを使ってみた感想をお話していきます。

JINを使ってみた感想

引用元:https://jin-theme.com/ JINテーマ公式より
引用元:https://jin-theme.com/ JINテーマ公式より

実は、当サイトが今使っているWordpressの有料テーマがJINなのです。

そして、当サイトは、JINの前にはstorkを使っていました。

そこで、2019年12月にJINを購入して実際に使ってみた感想を述べていきたいと思います。

もし、JINが気になっている方は、ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

それでは、始めます。

まず、JIN制作を手掛けたのはひつじさんです。

ひつじさんは、アフィリエイトやサイト構築についての記事を書いていらっしゃるブロガー界隈(かいわい),アフィリエイト界隈(かいわい)において、とても有名な方です。

そんなひつじさんのJINですが、実は私個人的にずっと(半年間ほど)気になっていました。

そこで、ついに2019年12月に、storkからJINへWordpressのテーマを変更したのです。

そして、2019年12月26日現在で、JINを使い始めてから約10日間ほど経ちました。

それでは、実際にJINを使っている感想を述べていきます。

まず、結論として、JINは、とてもシンプルで使いやすくオシャレである,JINを購入して良かったということです。

そして、JINにさまざまなメリットがあることを私は実感しています。

JIN(ジン)のメリット

  • 初心者に優しい。
  • シンプルなデザイン性。
  • コードコピー,ショートコードコピーで、簡単に枠やボックスなどの作成が可能である。
  • HTMLやCSSの知識は無くてもできる。
  • JINの詳細な説明がサイトそのものとして存在しているので、わからないことがあっても調べやすい。
  • 見出しの種類などが充実している。
  • JINを1つ購入すれば、複数サイトで使用することが可能である。

上記の他にもメリットはあると思います。※私は、今はまだJINを追及中というところです。

では、JINのデメリットはあるのでしょうか。

JIN(ジン)のデメリット

  • グーテンベルクには、まだ適していない。なので、クラシックエディタを使うこととなる。2019年12月現在

※JIN制作のひつじさんに、JINにおけるエディタ適性について質問をしてみました。2019年12月28日現在

Twitterにて
Twitterにて

上記のように、このデメリットは、もう少ししたらアップデートにより改善される予定です。

上記のように、JINのデメリットとしては、2019年12月現在においてクラシックエディタを使うほうが良いかなというところです。

そのため、クラシックエディタを使うのであれば、プラグイン「Classic Editor」をインストール→有効化しておかなければなりません。

※プラグイン「Classic Editor」は、Wordpressの旧エディタや旧プラグインを使えるように補助してくれるプラグインです。このプラグインは、プラグイン「TinyMCE」を使えるように補助してくれます。

私個人的には、テーマをstorkにしていたときにグーテンベルクを使っていてグーテンベルクのほうが使いやすい印象なので、近々JINがアップデートしたらグーテンベルクのほうを使っていこうと思っています。

いかがでしたでしょうか。

それでは次に、storkからJINへテーマ変更を実装した件をお話していきます。

storkからJINへテーマ変更を実装した件

JINを購入した件
JINを購入した件

それでは、ここからはstorkからJINへテーマ変更を実装した件をお話していきます。

まず結論から言うと、storkからJINへテーマ変更は無事に完了できました。そして、今ではJINへ変更して良かったと思っています。

前項でも少しお話したとおりですが、当サイトは、Wordpressのテーマとして当初はstorkを使用していました。

そして、今回(2019年12月)テーマをJINへ変更しました。

が!変更した直後にビビッてしまいました(汗)

テーマをstorkからJINへ変更した直後、バグったと思ったのです(汗)

(実際にはバグっていたというよりは、表示上はそうならざるを得なかったのだと思います。)

まぁしかし、バグったと思ったのも、それもそのはず、テキストエディタに入力してあったショートコードが剥き出し(むきだし)に表(おもて)に表示されてされてしまっていたり、フッター部分の表示が画面に収まりきらなくなってしまっていたり(汗)

正直、どうしていいのか?!ビビりました(汗)

でも、結論から言うと、storkからJINへのテーマ変更は問題なく大丈夫でした。

バグった感じになってしまった部分を1つずつイジって解決していけば、問題なく大丈夫でした。

storkのときにも最初の設定を1つずつ完了していき大変でしたが、storkの設定と同じように、JINの設定にあわせて1つずつ完了していけば問題なくできました。

そして、今このように執筆できているわけです。

JINを購入すれば、JIN設定のマニュアルを見ることができます。

なので、初心者でもあまり心配することはないと思います。

ちなみに、storkからJINへテーマ変更は、初心者の私でも約半日ほどで記事を書けるところまで設定を完了しました。

ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。

それでは次に、初心者がWordpressを使うときに、まず有料テーマを使うべき理由をお話していきます。ご興味ある方は、ぜひご覧ください。

有料テーマを使うべき理由

有料  
有料

まずは結論として、WordPress初心者やプログラミング初心者の場合は、Wordpressを扱うときに無料テーマではなく有料テーマを選択するべきです。

今回ここで言う初心者とは、Wordpressを扱うのが初心者というのはもちろんですが、それよりもHTMLやCSSなどのプログラミング技術について初心者という方のことです。

それでは、Wordpressについて少しお話していき、そして、有料テーマを使うべき理由を話していきます。

今や言うまでもありませんが、Wordpressそのものは無料(~2019年12月現在)です。

そして、Wordpressにはテーマというものがあり、それを最初に選択しなければなりません。

WordPressのテーマには、無料テーマと有料テーマがあります。

初めてWordpressを扱う場合、多くの方がおそらく「最初はうまくいくかわからへんしなぁ、無料でええか」と思いがちです。

しかし、私の経験上、最初だからこそ有料テーマを使うべきであり、無料テーマだと今後うまくいくものもうまくいかないというのが私の結論です。

それこそ、先ほど話したHTMLやCSSなどのプログラミング技術が無い初心者ほど、有料テーマを使うべきです。

もっと言うのであれば、HTMLやCSSなどのプログラミング技術があっても、有料テーマのほうがとても楽です。ここで言う「とても楽」というのは、記事を執筆できる状態に設定するまでが圧倒的に早いということです。

私がここまで言うには、WordPressの無料テーマでは初心者には、やはりキツイからです。

WordPressの無料テーマが初心者にキツイ理由

  • HTMLやCSSなどのプログラミング技術を要するから。
  • なんせ設定がめんどくさいから。
  • 記事を執筆できる状態に完了させるまでに時間がかかって、最悪の場合はモチベーションまで下がるから。

人間誰しも、できないことが続いてゴールが見えないとなると、途中で挫折(ざせつ)してしまいがちです。

まぁ仮に、鉄のような精神の持ち主であれば、どんな困難なことでも乗り越えようとすると思いますがね。

しかし、多くの方は、そんな鉄のような精神は持っていないはずです。

ならば、楽できるところは楽しましょう!ということです。

もっと言うと、順調にWordpressでサイト構築を進めていくことができたとしても、何が本番か?!って、サイト構築ができてからの記事を執筆することが本番なのです。

それならば、最初のサイト構築で挫折している場合ではありませんよね?!

ということで、再結論ですが、Wordpressのサイト構築に必要なテーマ選択は有料テーマを選択するべきです。

それでは、さいごに今回の記事のまとめをします。

まとめ

サイト構築
サイト構築

それでは、今回の記事のまとめです。

結論まとめ:storkとJIN

WordPressのテーマ変更を実装した件(ストークからJINへ)

※storkもJINも、Wordpressの有料テーマです。無料テーマではありません。

  • storkを使ってみた感想→超初心者に向いています。私個人的には、最初にstorkを使って良かったです。
  • JINを使ってみた感想→初心者に向いています。私個人的には、storkを使った上でJINを使ったので、のみ込みが早く使いやすいと感じています。
  • storkからJINへテーマ変更を実装した件→無事に変更できました。初心者でも変更するのは簡単です。JINのマニュアルを参考にして設定していくことになります。
  • WordPressのテーマは、初心者なら圧倒的に有料テーマを使うべき理由→記事を執筆できる状態にするまでのサイト構築は、ぜひ有料テーマを使って、楽しましょう。
  • まとめ→結論まとめ。

いかがでしたでしょうか。

今回は、私の経験談を軸にまとめました。

さいごに、私がなぜ今回このタイトルで記事を書こうと思ったか?!というと、storkからJINへ変更するのに約1ヶ月間ずっと悩んでいたからです。

なので、きっと世の中には、私と同じような悩みをもっている方がいるかもしれないと思ったからです。

しかし、storkからJINへの変更を無事に終えた今の私としては、もしstorkからJINへのテーマ変更について悩んでいる方がいるのであれば、悩む必要は無くて即行動しましょうということです。

それでは、今回はここまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

JINのアップデート(Ver2.30へ)実装した件【Wordpressテーマ】JINのGutenberg(ブロックエディタ)対応によるアップデート(Ver2.30へ)を実装してみました。さまざまな機能が追加されており、いくぶん必要と思われる部分をピックアップして実装しました。ぜひ参考にしていただければ幸いです。...
ABOUT ME
misa
当サイト運営者・ライターをしています。