ライティング

【保存版】ブログ運営で重要なこと:3選【Myメモ】

ライター みさ

こんにちは。みさです。

当記事では、ブログ運営で重要なこと:3選を【Myメモ】として残しておきます。

ブログ運営で重要なこと:3選
  • 読者に100%のgive(与える)にフォーカスする大切さ
  • 定期的な新規記事の作成
  • 【考え方】広告について

上記それぞれについて、解説していきます。

読者に100%のgive(与える)にフォーカスする大切さ

[結論]

「自分の書きたいコトを書く」というスタイルはNG。

読者のタメになるコト、読者に役立つコトにフォーカスし、100%のgive(与える)だけの心を持つコトが大切です。

とは言え、これは、自分のサイトをどのようなサイトにしたいのか⁈にもよります。

仮に、当サイトのように、自分のメモ【Myメモ】として 記事を作成しているのであれば、give100%でなくともOKです。

しかし、アフィリエイターとしてブログ運営(サイト運営)をしているのであれば、give100%の記事を作成することが大切になってきます。

常に「自分自身の価値はゼロである」という思考が大切だったりします。こういった思考を持つことにより、give100%の記事を完成させることができるようになります。

それでは次に、定期的な新規記事の作成についてです。

定期的な新規記事の作成

[結論]

定期的に記事を更新することが大切。

【Myメモ】
記事の公開時間[8:00/22:00]
=SNSで拡散されやすい時間帯

約1年間(2019年1月~2020年1月)サイトへのアクセス数を見ていると、毎日更新を頑張っていた時期のほうがアクセス数がわずかながらでも伸びやすかった、という感覚を私個人的には持ちました。

毎日更新は、正直に言って「大変」です。※雇われで働いている場合。

そして、毎日更新をしたからといって、必ずしも毎日更新が良いというワケではないということも、後になって解りました。

なぜなら、毎日の新規記事を作成するのに必死で→渾身(こんしん)の記事が完成するという日々を続けることはできなかったからです。

とは言え、記事を完成させて公開したら→記事は世の中へ出ていきます。

以上のような経験から、毎日でなくとも定期的に(渾身の)新規記事を作成できたらOKなのではないか⁈ということです。

もちろん、毎日更新ができればOKなのですが…渾身の記事を作成できないのであれば+身体を壊してまですることでもないかな、というのが私の見解です。

それでは次に、広告についてです。

【考え方】広告について

[結論]

どの広告を貼るのか⁈しぼる。

Googleアドセンスに関しては、申請→合格は済ませておくべきなのですが…最初のうちは外しておく→後で表示するようにする。

「広告を貼る=悪いこと」というように、私は思ってしまっています。

しかし、「広告を貼る=悪いことではない」という声が、多くのアフィリエイターからあるのも事実です。

一方で、アフィリエイターではない方からすると「広告なんて貼りやがって」「広告はジャマやな(Googleアドセンスの自動広告など)」という声が多いのも事実です。

というワケで、私なりに考えたのが、上記に示した[結論]です。

どの広告を貼るのか⁈しぼるですが、私個人的には自分が使ったことのあるモノ広告だけを貼ることにしています。

というのも、やはり実際に使ってみてどうだったのか⁈というレビューを書けてこその広告…と思うからです。

そして、何よりも、自分が使っているモノで良かったからこそ、その商品やサービスについて語れると思うからです。

これには、賛否両論さまざまあると思います。しかし、私個人的な見解はそうです。

レビュー/口コミ…やはり、このあたりが信憑性(しんぴょうせい)に繋がると感じています。

それでは、さいごにまとめです。

まとめ

ライター みさ

ブログ運営で重要なこと:3選【Myメモ】

まとめ

  • 読者ファースト [give 100%]
  • 定期的に新規記事を更新
  • 広告 ※個々の考え方

ブロガー/アフィリエイター/ライターであれば実感として解る話=「文章を書くコト=重労働である」ということですよね。

なので、実はアフィリエイトにおいて「広告で悪いモノは、2~3%以下」なのではないでしょうか⁈ ※もちろん、個々によって感じ方は異なります。

仮に、1記事あたり500文字数ほどのアフィリエイト記事であれば、怪しいですが… 渾身の記事であれば、そうではないと思います。

ということで、渾身の記事=読者の信頼が下がることはしません。

なので、広告という存在に大きく反応する必要はないでしょう。

もっとも、読者に怪しいと思われるような記事を書かないことが大前提であります。

以上、今回はココまで。

さいごまでご覧いただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
misa
当サイト運営者・ライターをしています。